ヨーロッパサッカーの移籍金と期間について

技術

ヨーロッパサッカーでは、選手の移籍の際に多くのお金が動きます。世界的にも一流選手が集まるヨーロッパサッカー、特にプレミアリーグやリーガエスパニョーラ、セリエAやブンデスリーガに所属するクラブチームのうち上位のクラブは、常に国内リーグとUEFAチャンピオンズリーグで厳しい戦いを勝ち抜くため、更には選手層を厚くすることを目的として有望な選手の獲得を目指しています。

ただし贅沢な財源を持っているクラブチームが自由に選手を獲得すると、クラブチーム間の戦力バランスが大きく乱れる可能性があるため、移籍の際にはトレードマネーを設定すると同時に期間を限定しています。トレードマネーは選手を獲得するクラブチームが選手を放出するクラブチームに支払うもので、契約の残り期間が多いほど、選手の年俸が多いほどに高額となります。

このため年俸の高い選手だったとしても、契約が切れるタイミングでの獲得には移籍金を必要としないため、年俸が競り上がることを嫌い多くのクラブチームは契約期間が残っている間に獲得を目指しています。移籍期間は国によって多少異なりますが、毎年1月のほか6月から8月一杯までが目安となります。どのクラブチームとも契約していないフリーの選手については、この期間に関係なくいつでも獲得が可能です。