ヨーロッパと日本サッカーの技術やフィジカルの違い

日本

ヨーロッパサッカーと日本サッカーでは、技術やフィジカルに大きな違いがあり、それがそのままレベルの差となっています。ヨーロッパサッカーを見ると、局面局面の激しさや厳しさが日本とは違い、ヨーロッパのビッグクラブでレギュラーを張るような選手になってくると、フィジカルだけとか技術だけとかではなく、全ての能力が総合的に高い選手がたくさんいます。

日本の選手でも、フィジカルだけは素晴らしいとか、技術だけは秀でてるといった選手はたくさんいますが、その2つを高いレベルで備えている選手はなかなか見つけることが難しい現状です。ボールを奪うということにしても、日本人は2人3人で囲んで奪おうとしますが、海外の一流選手は1人でも奪い切れてしまうほどのディフェンス力や力強さを備えています。

ドリブルやパスにしても、海外の一流選手は激しくプレスをかけられても簡単にボールを失ったりすることがなく、試合の中でキープするときと突破するときの判断力もかなり高いものがあるため、試合の中で効果的に機能することができます。そういった部分の技術やフィジカルは、まだヨーロッパサッカーと日本サッカーを比較すると差があると言わざるを得ません。