日本プロサッカー Jリーグを知ろう!

Jリーグとは、日本プロサッカーリーグのことを指します。
1991年に創立され、1993年に10クラブで開始しました。当時はJ1リーグのみで行われていましたが、現在ではJ1・J2・J3の3部制で日本国内38都市54クラブが参入しています。
それぞれで試合を行い、毎年上位と下位で入れ替えが行われます。入れ替え戦では、選手やサポーターが熱い戦いを繰り広げる見所満載の試合が展開されます。

ゴール

J1リーグの年間最終順位の上位3クラブは、翌年度のAFCチャンピオンズリーグに出場することができ、毎年注目が集まっています。

Jリーグの理念として、サッカーの普及や水準向上だけではなく、交流や親善への貢献も掲げられています。そのため、各クラブの地域交流や障がい者スポーツの推進にも力を入れており、多方面で活動しています。
ファンとの交流イベントなども盛んで、選手が身近に感じられるのも魅力的です。

Jリーグは創設以来人気が低迷した時期などもありましたが、徐々にプロ選手のレベルも向上し、今では海外のビッグクラブへ移籍するほどの選手もたくさん出てきています。
また、Jリーグのジュニアチームなども多くあるため、子どもの時期からの選手育成が可能になり、今後益々世界に通用するような人材がたくさん発掘されることが期待されています。