ヨーロッパサッカーは得点シーンの迫力が魅力

ゴール

ヨーロッパサッカーは世界的にも技術水準が高いため、欧州に限らず世界中にファンが存在します。中でもイングランドのプレミアリーグは、海外への放映権収入の獲得額が大きいことから、各クラブチームの分配金収入も多額です。

プレミアリーグに所属するクラブチームが手にする年間の分配金は約60億円と言われていますが、アジア市場は拡大の一途を辿っていますから、今後更に増えると予測されています。アジアでヨーロッパサッカーの人気が高いのは、身体能力の高さから生み出される得点シーンも理由の一つです。特にプレミアリーグは攻守の切り替えが早いため、試合中に息をつく暇が無いという特徴がありますが、それを映像としてファンに伝えるカメラワークの技術力が優れている点も重要です。

例えばプレミアリーグの試合中継では、カメラを引いた映像を配信し続けるようなことがありません。カメラは常にボールを持っている選手を追い、選手のアップの映像を多めに使用しつつ、必要に応じて引いた映像が配信されています。引いた映像は全体を映し出せるというメリットがある反面、迫力を伝えることは難しくなり、特に得点シーンでは魅力が半減してしまいます。

一方でプレミアリーグのような映像は高い技術を必要としますが、選手や観客の一挙手一投足をダイレクトに伝えることができるため、世界中のサッカーファン獲得にも繋がっています。