実力派揃いヨーロッパサッカークラブと熱狂的サポーター

ヨーロッパリーグ

世界最高峰の選手が集まるヨーロッパサッカーでは、トップリーグに属するクラブほど熱狂的なサポーターが集結し、熱い応援を繰り広げます。サポーターは、老若男女様々であり、ヨーロッパのスポーツの中でも非常に高い人気を誇るヨーロッパサッカーを幅広い年齢層のファンが盛り上げてくれます。

日本とヨーロッパのサポーターの応援の違いは、日本の場合はチームや選手の為に行うものという認識が強いですが、ヨーロッパでは、サポーター自身がその場を盛り上げて楽しもうという意識が強いという事です。ヨーロッパサッカーにおいてクラブチームのファンによる声援が大迫力であるのは、ファン自らが楽しいと感じて声援をしたり、歌ったりしているからです。

もし、ヨーロッパサッカーを観覧する機会があった場合には、そのファンの中に入って大きな声援と歌で場を盛り上げるのが醍醐味となってきますので、楽しみたい時には自分自身で盛り上がる事が大切になってきます。ヨーロッパサッカーは、リーグの中に多数のクラブチームがありますので、それぞれのチームによって応援の仕方に違いがあります。その応援の仕方の違いを比べていく事も欧州のサッカーを楽しむ為のエッセンスとなってくるでしょう。

ヨーロッパサッカー お金と高額年俸

サッカー

ヨーロッパサッカーでは近年バブルとも言える状況が続いており、特にイングランドのプレミアリーグでは、多くの資金が集まっています。外国人オーナーが経営するクラブでは、大規模な投資が継続的に続いており、特にオイルマネーをバックにした投資が顕著です。また中国からの投資も増加しており、ユニホームの胸スポンサーには、中国語の文字が目立ち始めています。

ヨーロッパサッカー

そのためヨーロッパサッカーでは、お金の動きがとても激しくなっており、選手の年俸も高額になっています。移籍金に関しても高額になる傾向が続いており、100億円を超える取引も普通になってきました。イングランドのプレミアリーグに投資が継続して行われる理由は、圧倒的な知名度と人気を背景にしていて、世界的に広告活動を行えるメリットが大きいです。

日本からも複数の企業がプレミアリーグのチームのスポンサーを務めており、ユニホームの胸スポンサーになっている企業もあります。グローバルな展開を考える場合には、サッカーチームのスポンサーやオーナーになることは、知名度を高める有効な方法となっているので、今後も多くのマネーがヨーロッパサッカーに流れ込んで来ることが予想されています。

ブックメーカーはサッカークラブの資金源

意外なことかもしれませんが、ヨーロッパの中堅サッカークラブの貴重な資金源になっておりのでブックメーカーです。

ブックメーカーはサッカースタジアムで宣伝広告費を使い、ユニフォームおスポンサーになったりもしています。これは資金難で困っている中堅以下のクラブにとっては、貴重な資金源です。プレミアリーグでは約半数のクラブがブックメーカーをユニフォームスポンサーとして、提携などをしているクラブもあります。
ブックメーカーから得た資金で、選手の年俸を支払い、高額な移籍金の支払いをしています。

近年のサッカーバブルは、オイルマネーとチャイナマネー、放映権だけではなく、少なからずブックメーカーの資金も影響しているでしょう。

日本でもブックメーカー サッカーで遊んでいる人が増えてきています。勝敗予想を楽しんでみたい方は、挑戦してみてください。
Jリーグのスポーツくじtotoは違った楽しみ方ができますし、海外ならばほとんどのリーグに賭ける事ができます。

サッカー